page contents
包茎に関する知識

自分はカントンほうけいじゃなかったらしい
~仮性ほうけいとカントン包茎の違い~

どうも、仮性包茎(ほうけい)のエイマガンです。カントン包茎ではありません。

いや、自分はカントン包茎だと思い込んでいたんですが、先日クリニックに包茎手術のカウンセリングに行ったら違うと言われました。

どうせ手術するので結果は変わらないのですが、ちょっと嬉しかったです。

包茎に種類については↓↓の記事でまとめてるんで参考にしてください。まぁ僕は自分でこの記事をまとめたのに勘違いしてたわけですが・・・

【エイマガン】包茎で悩む人が最初に確認するべきこと
包茎で悩む人が最初に確認するべきことどうも、ちょっと前まで包茎(ほうけい)だったエイマガンです。 ABCクリニックで包茎手術を受けて念願の普通のペニスを手に入れました...

さて、この記事にはカントン包茎の定義についてこう書きました。

普段は皮を被っており、臨戦状態でも被っている。無理やり剥こうとすれば剥けなくもないが、痛いし戻らなくなる。これをカントン包茎と言います。

この説明は別に間違いではありません。でもちょっと言葉が足りていません。

カントン包茎は、勃起していない通常の状態で上記のような状態になることを指す言葉のようです。

僕の場合、通常時はまぁ割と簡単に剥くことができます(できればなるべく剥きたくないですが)。剥くと普段は先端にいる皮が鬼頭の根元にきます。

そしてその状態でエロいことを考えるとちん子が臨戦状態になり、鬼頭の根元が自分の皮で締め付けられるのです。

皮はそのままに臨戦状態にし、そこから皮を剥くことは痛くてできません。

こんなちん子なので、正直セックスは無理です。

なんで僕は自分でこれはカントン包茎だと判断していたのですが、医学的には仮性包茎に分類されるようです。

そして手術代は仮性包茎の方がずっと安くすみます。剥いた状態で切れる(((;゚д゚;)))からです。

ありがたいことです。

【ほかの記事】
包茎手術体験日記

包茎に関する知識
包茎のくだらない知識/包茎あるある

ABCクリニック